お知らせ

トップページ > ブログ > 燻製♡

2017年9月29日 15:03
燻製♡

こんにちは!

歯科衛生士の萩森です!

この間、燻製料理屋さんに行ってきました。

燻製料理をあまり食べたことがなく、どんなものかドキドキしながら食べに行きました。

食べてみると、香りが高くて、おいしかったです!

ということで、今日は、燻製について調べてみました!

 

燻製のやり方には3つの方法があります!

 

・冷燻 20℃前後で燻す燻製。

専用の道具が必要となる方法。代表例はスモークサーモン。

 

・温燻 30~80℃程の温度で燻す燻製。

ベーコンなどを作れます。

 

・熱燻 80℃以上の熱で燻す方法。

定番はくんたま。

 

この中で最も作りやすいのは「熱燻」です。

道具も簡単にそろえることができ、キャンプにはもってこいの燻製です。

 

燻製には大まかに分けて、3つの工程があります。

 

1.「塩漬け(味付け)」

もともとは殺菌のための工程ですが、作ってすぐに食べる燻製では、味付けの役目を果たす工程です。

味のついているもの(チーズなど)はこの工程を省略できます。

 

2.「風乾」

食材を風に当てて乾かす工程です。

しっかり乾かさないとすぐに傷んでしまったり、煙と水が反応してすっぱくなったり、色付きが悪くなったりします。

日のあたらない風通しの良いところで乾かしましょう!

 

3.「燻煙」

もくもくと立ち上る煙、鼻をくすぐるスモークの薫り。

燻製のイメージといったらこれ、食材に煙をかける工程です。スモークチップや、スモークウッドを使用します。

 

 

おすすめの食材♫

・サケ

サケを燻製にすれば、そのまま食べてお酒のおつまみに、ほぐせばおにぎりやお茶漬けにしたりと、用途の幅はピカイチ!

 薫煙時間:10~15分

 

・たまご

「くんたま」燻製をするなら作りたいのがこれ!手軽に作ることができ、そのまろやかな味わいはキンキンに冷えたビールにピッタリ!

火加減によって黄身の半熟具合の変化し味わいが変わる、奥の深い食材です。

薫煙時間:30~40分

 

・ささみ

火を通すと、ぱさぱさした食感になる鶏肉ですが、燻製にするとしっとりとした優しい味わいになります。

値段もお手頃で、割と簡単に燻製にできる食材です。

薫煙時間:60~90分

 

・チーズ

燻製の定番といっても過言ではありません。

燻されたチーズは風味が一段と増し、安いチーズでもおいしく作ることができます。

下準備がほとんど必要ないのもポイントです。

所要時間目安:40分

 

・ほたて

 シンプルにスモークして食べるのでも十分ですが、塩漬けしたのちコショウ、オールスパイス、にんにくスライス、

ローリエをまぶしてからスモークするとさらにスパイスの風味がプラスされひと味違った燻製料理の出来上がりです。

薫煙時間:60分

 

・豚バラ(ベーコン)

数多くの味付けレシピが存在する食材。

ハーブやペッパーなど組み合わせ次第で深い味わいになります。

燻製といったらこれを思い浮かべる人も多いかもしれません。

薫煙時間:30~40分

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ