お知らせ

トップページ > ブログ > 歯の根っこにできる虫歯のお話

2017年10月12日 15:46
歯の根っこにできる虫歯のお話

こんにちは!

歯科衛生士の澤田です(*^^*)

 

今日は歯の根っこにできる虫歯のお話をさせていただきます。

虫歯は、歯冠(歯茎よりも上の部分)だけでなく、歯の根の部分にも出来る事があります。歯の根っこに出来るので、「根面う蝕」または「根面カリエス」と呼ばれています。

歯周病や加齢等の理由で、歯肉が退縮する事によって、歯の根の部分がお口の中に露出すると、根面う蝕になりやすくなります。

また唾液の減少によってもこの虫歯は出来やすくなります。

 

歯冠部の外側をよろいのように守っているエナメル質は、歯根部分にはありません。そのため歯質の柔らかい歯根部が露出してしまうとその部分は虫歯にかかりやすく、また進行も早くなります。歯根の表面がざらざらしているので、プラークがつきやすく取り除くのも難しいので、虫歯になるリスクが高まるからです。

 

根面う蝕の治療は、虫歯を除去してその部分を樹脂材で埋めます。歯の根は歯冠と違い厚みがないので、虫歯を取ると薄く細くなってしまいます。歯茎や骨の支えも無いので、受ける圧力に対する強度も弱まります。同じ部分を何度も虫歯にしてしまうと、歯質は減っていきますます薄くもろくなります。ですから再発しない様なケアと、根面う蝕にならない様に予防に力を入れるのが大切です。

 

根面う蝕を防ぐには、正しいブラッシングで、歯茎の境目のプラークをきちんと取り除く事です。また堅すぎる歯ブラシの使用や、強すぎるブラッシング圧も歯肉を退縮させたり、歯質を削ってしまう原因になります。

 

正しい歯磨きと定期的な歯科医院でのクリーニング、フッ素の塗布を行い根面う蝕の出来にくい環境を保っていきましょう(^-^)

    O05004b_img_03.jpg              oasisu2-16-2.jpg

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ