お知らせ

トップページ > ブログ > 世界のクリスマス料理♪

2017年12月19日 14:56
世界のクリスマス料理♪

こんにちは。受付の中尾です(o^^o)

もうすぐクリスマスなので、今回は世界のクリスマスの料理をご紹介します♡

 

 

★フランス  「ブッシュ・ド・ノエル」

フランス語でノエルが「クリスマス」、ブッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意味です。その名の通り薪(または木の切り株)の形をしています。基本的にクリスマスケーキとして食べられます(^^)

 

★ドイツ  「シュトレン」

生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、表面には砂糖がまぶされています。ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣があります。

フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日、とクリスマス当日が段々待ち遠しくなる」とされるそうです(^^)♡

 

★イギリス  「ロースト料理」

イギリスのクリスマス料理はローストターキーが主流です。アメリカとは違ってイギリスでは普段はあまり七面鳥を食べる機会がないのですが、クリスマス料理ではイギリス家庭の75%が七面鳥を食べているという調査結果もあるほどクリスマスのメニューとしてポピュラーです。七面鳥が苦手な人は、ローストビーフやローストチキンをクリスマスメニューにします。ローストの付け合せは茹でた芽キャベツや茹でて焼いたじゃがいもや人参、キャベツなど。これらを食べただけで胃には負担がかかりますが、さらにデザートやチーズ&クラッカーが続きます。

 

★オーストリア  「ヴァニラ・キッフェルン」

オーストリアではクリスマスにケーキではなく、クッキーを食べます。それぞれの家庭に伝わるレシピが色々あり、クリスマス前数週間のうちに母と子供で一緒に作ったりもします。代表的なものはヴァニラ・キッフェルン。三日月型をしたクッキーでバニラシュガーがまぶしてあります。その他にも数種類のクッキーを大量に作り冬の間ちょこちょこ食べたり、お友達や近所にあげたりして楽しみます(^◇^)

 

 

 

いかがでしたか?

日本でも馴染みのあるブッシュドノエルやシュトーレンは有名ですが、今回調べて初めて知った料理もたくさんありました(^^)

クリスマス料理はとてもカラフルで可愛く、見てるだけでも気分が上がります♡私もいくつか作ってみようと思いました(o^^o)♫

 

皆様も是非素敵なクリスマスをお過ごしください♡

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

月別アーカイブ

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ