診療内容

トップページ > 診療内容 > むし歯治療

むし歯治療

むし歯について

むし歯治療は大きく分けて3つの柱があります。

それは
・むし歯の進行抑制 ・神経を残した保存処置 ・神経をとる歯内療法
とよばれているものです。

歯の構造は大きく、エナメル質、象牙質、歯髄からできています。
むし歯がまずエナメル質表面から進行していきますが、むし歯だからといって早い段階で削ってしまうと、余計なダメージを歯に与えてしまいます。

しみるなどの症状があれば歯を削る保存処置をします。
また、何もなくてもズキズキしたり、噛むと痛いなどの症状がある場合は、歯内療法といわれる神経をとったり、感染した歯の中の管の掃除をします。

A.むし歯の進行抑制(C0もしくはC1)

むし歯を抑制していく上でむし歯の成り立ちを知ることが大事です。
一言で言えば歯の表面についた歯垢(プラーク)という細菌の塊が、砂糖を分解し、酸を作って歯を溶かしていくというものであります。

つまりむし歯は歯と砂糖と細菌の3つがあって初めてできる病気です。
ですからこの3つについてそれぞれアプローチしてむし歯予防もしくは抑制を図っていきます。
人それぞれそのリスクが違いますのでその取り組みも自ずと違ってきます。

B.神経を残した保存処置(C2)

一般にむし歯の治療といわれるものがこれにあたります。
ある程度進行したむし歯は削り取って修復しなけらばなりません。
皆様がいやがるあの「キーン」という音のするタービンやエンジンというものでむし歯を削ります。そして開いた穴を色々な修復物によって補います。

【レジン修復】

白いプラスチックを直接むし歯の穴につけていく治療です。

歯に近い色調を選択でき、主に前歯や奥歯の比較的小さい穴を埋めるのに使います。
歯を必要以上に削らなくてもよいため、比較的歯にやさしい修復といえます。

現在は最小限の侵襲で修復していくという治療が主流となってきていますが、すり減りや変色という経年的変化の問題があります。

【インレー】

奥歯の比較的大きな穴や歯と歯の間のむし歯を修復するときに用います。
削ったあと型取りをして穴につめるつめ物を作ります。
それを口の中で調整し、セメントでつける治療です。これは主に金属で作ります。レジンで作る場合もあります。

保険のレジンインレーは材質的な問題があるため当院では進めておりません。

白いつめ物をご希望される場合は自費治療のセラミックインレーかハイブリッドセラミックインレーを選択されることをおすすめします。

【クラウン】

歯全体にむし歯が及んでおりつめ物では対応しきれない場合かぶせることによって歯の機能や形を取り戻していきます。神経をとった後は特にかぶせることが多いですが神経が残っている場合でもかぶせることがあります。

保険の場合、前歯のみ金属の表面にレジンというプラスチックを盛り足した冠をいれることができますが、経年的に黄ばみ、細菌が付着しやすいです。

臼歯には通常金属の銀色の冠をいれます。
前歯、奥歯にかかわらず「変色ない歯」「天然と同じような白い歯」「アレルギーのでない歯」「長持ちする歯」など求める方は自費治療をおすすめいたします。

C.神経をとったり根管内をきれいにする歯内療法(C3,C4)

むし歯が神経に達し、歯髄炎をおこしてしまうと、何もしなくても痛みがあります。
また、感染した細菌が歯根の先から洩れ出て行くと歯根膜炎という炎症をおこし、噛むと痛いという症状がでます。

治療前の状態

根の中がたくさんのバイ菌の住みかになっています。
このままでは全体が腐ってしまいます。

治療の流れ

  • 1.
    感染した部分を取り除きていねいにそうじと消毒を繰り返します。膿がたまっているときは膿が出なくなるまで何回も行います。
    痛みはこの時点で治まりますが、ここで中断すると再びバイ菌が住みつき治療前よりも悪くなり、骨の中に膿がたまることもあります。
  • 2.
    中に防腐剤のゴムをつめ、芯になる柱を立てます。
    ここで、中断すると、柱と歯との境目からむし歯になることもあります。歯ならびや咬み合わせにも影響を及ぼします。
  • 3.
    型をとってかぶせものを作り接着すれば、しっかり咬めるようになります。
    治療が完了したあとは、定期的な歯科検診を受けて、歯を大切に守りましょう。

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ