自家歯牙移植・再植|いちき歯科|南森町駅・大阪天満宮駅すぐの歯医者

診療時間:10時〜13時/14時〜18時半(土曜は18度まで)休診日:日・祝

南森町駅・大阪天満宮駅からすぐ

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)

メイン画像

「自家歯牙移植・再植」

歯を失った際の第4の選択肢。
ご自身の歯(親知らず)を移植し、
自然な噛み心地をご提供します。

「再植」

歯周病の悪化、根幹治療、事故などが原因で、
他院で、「抜歯」と言われた歯でも、
残せる可能性があります。

「自家歯牙移植」
―歯を失ってしまった場合、
ご自身の歯を移植します

一般的に、歯を失った際の選択肢には「ブリッジ」「インプラント」「入れ歯」があります。しかし、それ以外にも「自家歯牙移植」と呼ばれる方法があります。

自家歯牙移植とは、臓器移植の一種であり、無くなった歯の部分に、ご自分の歯を移植する方法です。お口の中で使われていない歯(親知らずなど)がある場合に、これをドナーとして移植します。

高度な技術を要するため、一般にはあまり普及していませんが、当院では、この自家歯牙移植の症例も数多く行っています。当院で行った症例の一部をご紹介します。

治療前 治療後

この自家歯牙移植には様々なメリットがありますが、一番のメリットは「他の健康な歯に負担をかけず、かつ、インプラント等では得られない安定感がある」ということです。

移植される歯の根元の部分には、骨を誘導する「歯根膜」という組織があります。インプラント等には存在しないものです。

これは、歯と歯槽骨をつなぐ役割を持つのですが、その他、硬さや柔らかさを判断し、噛みごたえを感じる役割や、歯に伝わる咬合力を調整する役割もあります。歯は噛むことでかなりの衝撃を受けますが、この歯根膜がクッションのような役割をして歯や周りの骨を守ってくれているのです。

最先端医療であるインプラントでは、この歯根膜がないため以前のような「噛み心地」という繊細な部分までは表現できません。またインプラントを入れると「噛みすぎる」ということも起きます。これは歯根膜がないと、どのくらい噛んで良いかが判断できないためです。

院長写真

この治療法はどこでも行っている治療法ではありませんが、「自然な噛み心地」を求める方、「人工物をお口の中に入れたくない方」には最適な治療法なので、興味を持たれた方は遠慮なく何でもご相談ください。

「再植」
―抜歯と言われてしまった歯でも
残せる可能性が高まります!

再植とは、事故などで抜けてしまった歯を元に戻す場合や、問題のある歯を意図的に一旦抜き、処置してから再度戻す治療法です(破折歯の再植、重度歯周病の処置、難しい根管治療など)。当院で行った再植の症例をご紹介します。

治療前 治療後

この治療法も高度な技術力を要するので、どの医院でも行っているわけではありません。
そのため、再植術を行うことで、本当は残せた歯でも抜歯になっているケースが多くあります。

「こんな状態になってしまったら抜歯でも仕方ない」と考える患者さんは問題ないですが、「何としてでも歯を残したい」と考えている方にとっては抜歯は受け入れがたい現実です。

院長写真

再植をしたからと言って必ず歯を残せるわけではありません。
しかし、再植を行うことで残せる可能性は出てきます。
ご自身の歯を可能な限り残したいと希望される方。
まずは一度ご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話しいただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)
電話でのお問い合わせ
診療時間
10:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30

※受付時間は終了の30分前

このページの先頭に戻る