診療内容

トップページ > 診療内容 > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とはどんな病気なのでしょう?
歯周病は、知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。
歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。
おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり、悪化させる原因にもなっています。

A.歯周病の進行

  • 健康な
    状態
    歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく歯ぐきがひきしまっている。
  • 軽度
    歯周病
    歯ぐきが赤く腫れ上がり歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもあります。
  • 中度
    歯周病
    ポケットの炎症が慢性化して骨が溶け始める。
    口臭もあり歯が浮いたような感じがする。
  • 重度
    歯周病
    歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。
    歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

B.歯周病にならないために

ご家庭で…
・自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。
・だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身につけましょう。
歯科医院で…
歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからは治療に時間と費用がかかります。
定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

歯周病を治そう

治療の目的:歯周病菌を減らす/歯周病への体の抵抗力を強める

覚えておいてもらいたいこと

  1. 歯周病は細菌が原因です
  2. 進行しても、自覚症状が少ないのが特徴です
  3. 歯周病菌は、完全になくすことができません
  4. 治療後は、定期メインテナンスをしなければ、感染力が抵抗力を上まり、再び悪くなります
  5. 慢性疾患で完全に治すことは難しいが、コントロールすることはできます。

C.治療の流れ

ご家庭で…
・自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。
・だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身につけましょう。
歯科医院で…
歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからは治療に時間と費用がかかります。
定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。
  • 現状の進行具合の検査をする
  • ご家庭の清掃方法を理解してもらう
  • 歯周病菌をできるかぎり取り除く
  • 定期的な管理
  • 再度入念に菌を取り除く
    ※希望により、外科手術もあり
  • 再び検査をして症状の判定をする

D.歯周病と全身疾患との関係

歯周病を放置すると、心臓病、脳の出血障害、糖尿病にもなりやすくなります。

  • 肺炎
    高齢の方では、物がうまく飲み込めなくなり、歯周病菌が肺に入ってしまい、増殖して肺炎を起こす。
  • 脳卒中
    動脈硬化を引き起こすことが原因で起きる。
  • 心臓病
    歯周病菌の作り出す物質が血液中に流れ、冠状動脈の壁を肥厚させ、血管がつまり静脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となる。歯ぐきの健康な人に比べ、2.8倍の危険率がある。
  • 糖尿病
    インスリンの働きを抑える物質が歯周病の場所に大量に集まっているマスクロファージという細菌から出されます。
    また、肝臓の糖の分解を抑え、すい臓のインスリン分泌障害を起こすといわれています。
    重傷の歯周病の場合、軽症の人に比べ、二年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

糖尿病とは

インスリン(栄養になる糖分を細胞内に取り込むようその細胞に指令を出す)の働きが悪いため、細胞が栄養不良になり体の抵抗が落ちてしまう病気。
また、利用されていない糖分が血液中にたまり、血管や神経に生姜が出る。50歳以上の15?20%の方が糖尿病が強く疑われています。

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ