診療内容

トップページ > 診療内容 > 予防歯科

予防歯科

長い期間をかけて治療をして、終わりが来たとき皆さんはどういう風な気持ちになるでしょう。

などと思われますか?
これが現在の多くの率直な意見だと思います。

そういう思いの他にも「せっかく治った(綺麗になった)口の中を維持していきたい」という思いの方もいらっしゃいます。実際の治療の経過が良くても、口の中の環境から良くなければ再発という問題は避けて通れません。

定期検診および予防歯科では、むし歯、歯周病のチェックだけでなく、衛生士によるプロフェッショナルケアを行っています。

当院で行っているプロフェッショナルケアには、トリートメントケアとPMTCがあります。

1.トリートメントケア

歯の成分とほぼ同じ専用のクリームを専用のやわらかいゴムの器具を使って歯ブラシや日常の生活で傷んだ歯の表面のキズを補修し、プラークといわれる細菌や、タバコや着色物による歯の表面の着色をつけにくい環境を作ります。
1~3ヶ月の周期で行います。

2.PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯の表面には、バイオフィルムと呼ばれる細菌の膜が不潔な環境下では作られます。
お風呂や流し台のぬめりを想像していただければよいと思います。
いったんバイオフィルムが作られると歯ブラシで清掃するだけではなかなかとれにくくなっっています。
そしてこの膜の上に細菌が積もっていき、より不潔な環境になり、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。

PMTCというのは専用のチップやラバーを使ってこのバイオフィルムを破壊する治療で、仕上げにトリートメントケアをして、歯の表面をつるつるにします。
通常3~6ヶ月周期で行うといい状態で続きます。

P.M.T.Cの流れ

【1】
専用のチップを使って歯と歯の間の汚れを丁寧に取ります。
【2】
柔らかいカップ状の機械で汚れを完全に落とします。
【3】
さわやかな洗浄液できれいに洗います。
【Finish】
口の中がさわやかで磨き上げた歯はツルツルでピカピカ!汚れもつきにくく 清潔な状態になりました。
当院ではP.M.T.Cをおすすめしております。
P.M.T.Cは歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはなく気持ちいいですよ。
P.M.T.Cによって歯の表面はバイ菌のいないとても清潔な状態になります。
P.M.T.Cを3?4ヶ月に1度行うことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
P.M.T.Cは、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。これまでの調査によると、定期検診や予防処置を受けている人は50歳以降5年に1本程度の歯を失います。

一方、定期検診をうける週間がない方は50歳以降2年に1本のペースで歯を失っていきます。
現在のところ日本では80歳での残存歯数は平均6本くらいです。
日本歯科医師会では80歳で20本の歯を残しましょうというスローガンを掲げて、運動をしています。これは、20本程度残存していれば自分の歯で食べている感覚があり、このウェブサイトを見た方には是非とも悪くならないうちに定期的なケアを受ける習慣を身につけていただけると思います。

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ