お知らせ

トップページ > ブログ >2015年3月アーカイブ

2015年3月アーカイブ

2015年3月30日 10:20
医療事故

歯科医師の北川です。   

2015年2月、アメリカのコネチカット州にて、インプラント予定で歯を20本抜歯しているときに患者が死亡したという医療事故が報道されています*。

手術に用いられた鎮静法が原因となり心肺機能に異変が生じ死に至ったとのことです。通常、手術に用いられる全身麻酔は、覚ますときに専用の薬剤を用いますが、今回の鎮静法は、自然と覚めるのを待つので、途中での容体変化に対応し難しく惨事に至ったのだと考えています。

    アメリカの死亡原因は、1位虚血性心疾患、2位肺癌、3位慢性閉塞性肺疾患、4位アルツハイマー病、5位脳卒中とされています**。近年、アルツハイマー病と心臓発作が合併する可能性があることが遺伝子の観点から明らかにされようとしています***。今回の事例は、このような不明確な事態に陥った可能性もあると考えています。

    当院では、一度に20本も抜歯することはありませんが、今回の事例を教訓として医療の質の向上に取り組んで参ります。

http://www.dental-tribune.com/articles/news/americas/22473_dentist_charged_for_death_of_patient_after_trying_to_extract_20_teeth.html
 

**Lancet 2015 Jan 10 385(9963)117-171 
 

***http://www.medicalnewstoday.com/articles/211183.php
 

***Nature 2014 Jun 5 510(7503)26-8

 kitagawa_dr.png

2015年3月23日 10:05
インプラントは必要か不必要か

こんにちは 院長の市来です。

 

私は診療に限界を作らず、常に良い治療を目指していますが、特に審美歯科とインプラントにはこだわりとプライドをかけて取り組んでいます。

 

今回はインプラントについて書かせていただきます

 

1965年にスウェーデンで初めてインプラント治療がなされてから、すでに40年以上が経ち、今ではなくてはならない治療法として確立してまいりました。

私が21年前にインプラント治療をした当時、インプラントは天然の歯の補助的な位置づけでした。

他に治療法がない場合の選択肢として行っていましたが、それから10年ほどの間に大きく発展し、

今では歯を失ったときに第一選択に考えられるようになりました。

そして、今ほぼ完成した治療法となって来ました。入れ歯やブリッジという治療法では周りの歯にダメージを与え、

負担をかけてしまうので、残りの歯を失うリスクを高めてしまいます。

インプラントは周りの歯の負担を軽減し、自分の本来の歯を失わないようにする素晴らしい役割があり、これからの人生を生き生きと生きるための大切な助けになります。

歯を失うと食べることの満足感や楽しみが失われ、生活の質が下がります。特に仕事を引退しこれから老後を楽しもうとしている世代の方は歯を失うリスクが高いことも相まって深刻です。また、最近の調査で歯を失っている人は寝たきりになる率が歯のある人に比べ高くなることもわかってきました。

歯は失わない事が一番ですので、日頃からのケアがとても大切になりますが、

もし残念ながら失ってしまった時、私は自信を持ってインプラントをお勧めします。

それが、よりよく生きるための助けとなりうるからです。歯の喪失が少ない場合には歯並びを保ったり、

他の歯の軽減を図ったりすることによって自分の歯を守る予防の働きをします。

また、すでに入れ歯などを入れて歯の喪失がたくさんある方もインプラントにより食べる能力を3倍以上に高めることができます。それにより食べ物を効率よく砕くことができ、胃腸を始めとした消化器官の負担を減らしていきます。

短期ではそれほど差は出ないかもしれませんが、毎日三食を数年、数十年続けていくわけですから寿命にも影響を与える可能性が高くなります。それだけでなく、老後の楽しみである「食べる」ことがつらいことになってしまうかもしれません。

 

まずはケアをして自分自身の歯を失わないこと、もし失ったら最初のうちに欠損を拡げないで残存歯に負担をかけないこと。

ケアしやすい環境を作ることが大切です。

入れ歯を入れなければならない状況の時、奥歯に歯と歯の支持もしくはインプラントと歯、

インプラント通しでもいいのでしっかりとした固定性のサポートが作れるかどうかが鍵になってきます。

これからは入れ歯の時代ではなくなります。いつまでもしっかり食事をとり健康で長生きしたいものです。

 

人生、ただ生きるのではなく、どう生きるかが大切になるのではないでしょうか

ichiki_dr.png

 

2015年3月16日 10:10
キシリトール★

こんにちは、藤林です。

 

今日はキシリトールについてお話させて頂きたいと思います。

 

キシリトールは、果物や野菜にも含まれる天然甘味料です。

 


なぜキシリトールが良いのかというと、1つ目は「むし歯の原因にならない」ということと、2つ目は「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果です。

また低カロリーで、砂糖とほぼ同等の甘さがあります。

ただ、消化されにくいので、一度に食べ過ぎるとお腹がゆるくこともあります。

 

キシリトール入りといっても、キシリトールの含有率がそれぞれ違います。

一番はキシリトール100パーセントですが、高濃度(50パーセント以上)であれば効果は期待できるみたいです。

 

摂取方法としては、ガムによるもので135粒を食後か歯磨き前に、515分噛むと良いそうです。ポイントは一度に摂取でなく分けて食べることと、持続すること。二週間でプラーク(細菌のかたまり)が減ってくるのが確認され、三ヶ月でむし歯抑制の効果が期待されるそうです。

 

あくまで補助的なものなので、毎日の歯磨きや定期検診、フッ素塗布がむし歯予防の基本となります。

 

fujibayashi_dr.png

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ