お知らせ

トップページ > ブログ >2016年8月アーカイブ

2016年8月アーカイブ

2016年8月29日 11:43
外骨症について★

こんにちは、藤林です。

今日は外骨症についてお話したいと思います。

歯茎の骨(特に下あご)が過剰に分厚くなって、こぶのようになっているのを「外骨症」といいます。外骨症にはある人とない人とおられ、だんだん大きくなってくる方もいます。噛み合わせの力が強い人や、くいしばりや歯ぎしりのくせがある人によく見られます。

 

ここで、自分の噛み合わせの力はどのくらいだと思いますか?

なんと、だいたい自分の体重に匹敵するといわれています!

 

歯は垂直方向の力にはわりと耐えうりますが、歯ぎしりなどの横揺れの力には比較的弱く、歯ぎしりなどで横揺れの力がかかると、防御反応として歯の周囲の骨が厚くなるといわれています。

 

上あごでは唇やほっぺた側(表)の歯の根元に対するところや、上あごの正中の奥のところ、下あごでは、裏側の舌の付け根の隣あたり、その他の部位にできることもあります。

 

組織学的には正常の骨組織と同じなので、放置しても問題になることはありません。

しかし、あまり大きくなりすぎると、上あごの正中の奥のところだと、擦れたり、熱いものを食べたり、飲んだりしたときに火傷しやすいという二次的な障害が起こります。

また、入れ歯を装着する場合に、外骨症の骨が邪魔になって、痛みが出たり、装着が難しかったりするので、外科的に取り除くこともあります。

fujibayashi_dr.png

2016年8月22日 11:01
知覚過敏の症状チェックと虫歯との違い

診療していて冷たいものに歯がしみる症状がある方に多く遭遇します。冷たいものに歯がしみた時に、これが知覚過敏か虫歯か自分ではなかなか判断できません。

かし、多くの場合知覚過敏であることが多いのです。

hclnr.jpg

今回、よく似た虫歯の症状と比較しながら自身の知覚過敏の症状をセルフチェックして、知覚過敏の可能性が高いのか、今すぐに歯科医院受診が必要な状態なのか参考にしてみてください。

1.知覚過敏セルフチェックしてみましょう

 1つでも当てはまれば知覚過敏の疑いありなんです

  1. 冷たいもしくは熱い飲み物食べ物で歯がしみる
  2. 歯磨きのとき歯ブラシの毛先が当たるとしみる
  3. 甘いもの酸っぱいものに歯がしみる
  4. 歯肉が下がって歯の根元が露出している
  5. しみる痛みが飲食した後、10秒以内で治まる
  6. 歯ぎしりがある
  7. 冷たい風や息を吸い込んだときに歯がしみる

以上が簡単にできる知覚過敏のセルフチェックの項目です。当てはまる項目が1つでもあれば知覚過敏の可能性があります。

 虫歯と知覚過敏の症状の違い

虫歯と知覚過敏の症状は結構似ています。しいて違いを上げるとすれば痛みが持続的か一時的かということや虫歯の場合たたいていたいことがあります。最終的には歯科医院で診断してもらう必要があります。なぜなら、虫歯であれば進行して深刻な状態になりかねないからです

2.知覚過敏の治療法

自宅での治療法は歯磨き粉 

自宅で試したいのが知覚過敏用歯磨き粉です。最近はテレビCMなどでも流れているので知っている方も多いと思いますが、いわゆる「シュミテクト」などの知覚過敏用の歯磨き粉は、硝酸カリウム(カリウムイオン)などの薬用成分が露出した象牙質をカバーし、歯がしみる症状が緩和される事が期待できるのです。知覚過敏の症状が軽ければこのような歯磨き粉を使用するだけで症状が改善、解消することも珍しくありませんが、2週間ほど知覚過敏用歯磨き粉を使用しても効果がなかった場合は知覚過敏ではなく虫歯の可能性もありますので早めに歯科医院へ行ってください。

hbsy.jpg

歯科医院で行なう薬剤塗布 

歯科医院で知覚過敏と診断された場合、まず選択されることが多い治療法が『薬剤の塗布』です。この場合に使用される薬の代表的なものがフッ化物を配合した薬や薬効がある成分を含んだ塗布剤です。ちなみに薬の塗布の場合、1回だけでなく数回、塗布しなければ効果を得られないこともありますし、徐々にはがれると効果は落ちてきます。

知覚過敏の原因の1つである歯ぎしりから保護するマウスピース

知覚過敏の最も大きな原因の1つが歯ぎしりなどのかみ合わせによる負担ですので、それが原因になっている場合はかみ合わせの改善がなければ知覚過敏もおさまりません。しかし歯ぎしりの原因は「不安・疲れ・ストレス」などさまざまなで、それらを解消することは容易ではありません。そこで歯ぎしりを直接、治すことはできなくても、マウスピースという歯をカバーする器具を使用し、歯ぎしりによる悪影響を防ぐ治療が行われます。

歯科医で歯周病の治療をすること 

歯周病などで歯茎が下がり根が露出することによって知覚過敏が起こっている場合は歯周病を治さなければ知覚過敏がひどくなっていきます。知覚過敏の治療と併せて歯周病の原因である歯垢を徹底的に除去し、歯周病を根気強く治療する必要があります。歯石を除去することによって、今まで歯石に覆われていた象牙質が露出し、知覚過敏の症状が一時的にひどくなる可能性も十分ありますが、歯石が付着したままでは歯周病が悪化しやすいのでを治す必要があります。

神経を抜く

知覚過敏の治療を行ってもなかなか症状が軽減せず最悪、神経を抜くことを選択するしかない場合もあります。ただ歯の神経を抜くと当然、歯のしみ、痛みは感じないようになりますが、歯の変色(黒ずんでくる)・歯が破折しやすくなるなどのマイナス面がありますので、歯の神経を抜くのは本当にそれしかないと判断された場合のみで、歯科医でも神経を抜くのは最終手段の治療として行われます。

まとめ

知覚過敏は虫歯と症状が似ているので歯科医院でしっかりと診断をしてもらってください。虫歯でないからと言ってそのままにしておけば、症状が強くなる可能性があり、生活に支障がでてきます。必要があれば歯科医院で適切な治療や予防を行ないましょう。

 

ichiki_dr.png

2016年8月16日 12:02
有病者歯科について

こんにちは。歯科医師の丸野です。今回は有病者歯科について説明をさせていただきます。

 

有病者歯科という言葉は聞きなれないことが多いと思います。歯科業界特有の分野で、「全身的な疾患を持ち、内科的加療を受けている患者に対する歯科治療」、「歯科治療に際して二次的に生じる全身的トラブルに対し、何らかの配慮を必要とするもの」と定義づけられています。

欧米ではMedically Compromised Patientと言われており、「全身的な疾患を有する患者で歯科治療に際し、内科医の対診等なんらかの配慮を必要とするもの」と定義されています。

 

有病者とは具体的には代謝性疾患・呼吸器系疾患・消化器系疾患・泌尿器系疾患、血液疾患・免疫 アレルギー疾患・性病・ウイルス性疾患・神経・筋疾患、精神疾患、妊婦・高齢者・癌患者さんなどを指します。

 

有病者は健常者と比較して口腔内環境が悪いことが多いのが現実です。そのため、口腔衛生管理がより重要となります。さらに全身疾患とその特徴、注意点を把握し、安全に口腔衛生管理を行うことが大切です。

 

そういった分野の背景は健康な患者さんはもちろん、全身疾患を有する患者さんに対しても安全な歯科医療を提供し、QOL向上に寄与するという歯科医療従事者の想いがあります。

 

maruno_dr.png

2016年8月 8日 15:11
ホワイトニングについて パート3

こんにちは。

歯科医師の新井です。

 

今回もホワイトニングについてのお話をさせていただきます。

ホームホワイトニングの効果を持続させる方法をご紹介します。

まずは飲食物に気を付けることです。

 

基本的にホワイトニング後の歯は、着色しやすい環境になっていますので食事制限があります。

 

時間でいうと12時間~24時間なので、ホームホワイトニング中はほぼ毎日、ということになります。

避けた方が良い食べ物としては、カレー、チョコレート、ぶどう、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、その他色の濃い食べ物全般となります。

タバコもヤニが着色の原因となるため控えた方が良いです。

 

 

あとは、トリートメント剤やコーティング剤の使用です。

歯の着色を防ぐために歯にコーティング剤やトリートメント剤が販売されています。

歯磨き後に数分塗って軽くゆすぐだけで着色を防いでくれる効果があります。

おすすめは歯と同じ成分のハイドロキシナノアパタイト配合の歯磨き粉です。

ホワイトニングの痛みも軽減してくれるため、ホームホワイトニング中には最適です。

 

 

ホームホワイトニングで歯を白くするには時間と手間がかかります。

しかし、継続をするとオフィスホワイトニング以上の効果がきっちり現れます。

またその効果の持続時間もホームホワイトニングの方が長いと言われています。

継続して真っ白な歯を手に入れてください。

arai_dr.png

2016年8月 1日 12:05
Q&A

こんにちは、藤林です。

今回はよくある疑問に答えていきたいと思います。

・かぶせてある歯でもむし歯になる?

→答えは、むし歯になります。

かぶせてあっても、土台の歯はご自分の歯ですので、むし歯にはなります。神経がとってある歯だと、しみたりはしません。自分ではむし歯だと気づきにくくはなりますので、定期的に歯科医院にてチェックしてもらうことをおすすめします。

 

・神経をとった歯でも痛むことがある?

→答えはあります。

神経を取り除く歯の神経と処置は、長期的には100%安全とはいえません。

というのも歯の根っこの神経が入っている管の形は曲がっていたり、先の方で枝分かれしていたり複雑なため、神経を完全にとりのそくことが難しい場合があるからです。この成功率を100%に近づけるために努力をしていますが、数%は後に炎症がおこる可能性があります。根の先が膿んでいるといわれるものです。

また、歯周病で痛むこともありますし、歯が割れて痛むこともあります。

 

・むし歯は夜の方が痛むの?

→なんでなのかははっきりしていないです。

昼間にも何らかの兆候や症状があるのが普通ですが、他刺激で気がまにらわされているため、それほど強い痛みを感じないともいわれています。むし歯が深く神経に炎症をおこしている場合、夜間就寝のため横になるも、神経への血の流れ(血流)が増し、内部の圧力が高くなり痛みがおこります。動脈からの血流が神経を圧迫して、脈拍にあわせてあのズキンズキンとする脈拍性の強い痛みがおきます。

 

今回も読んで頂いてありがとうございます(*^^*)

fujibayashi_dr.png

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ