ドクターブログ|いちき歯科|南森町駅・大阪天満宮駅すぐの歯医者

診療時間:10時〜13時/14時〜18時半(土曜は18度まで)休診日:日・祝

南森町駅・大阪天満宮駅からすぐ

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)

キービジュアル

キシリトールとお子さんのむし歯を防ぐ方法① 

2018年09月25日

こんにちは、藤林です。

キシリトールの効果的な食べ方はどうするのでしょうか。キシリトールが含まれている製品だったら、むし歯予防効果はどれも同じでしょうか?むし歯予防効果を期待できる製品には選択基準があり、主なポイントはキシリトールの濃度です。キシリトールが、その製品に使用されている甘味料の50%以上であることです。

食べ方のポイントは1日の量と回数です。キシリトールは5~10gの量を3回以上に分けて食べるのが効果的だそうです。歯科専売のキシリトールだと100%なので効率よく摂ることができ、1粒あたり1.3gです。なのでそれだと4粒~8粒の計算になりますね。

 

お母さんはお子さんの歯がむし歯になっていないかどうか気になりますよね。ではむし歯にならないようにどうしているか尋ねると、すごく頑張ってくださっている方だと、「箸やスプーンを共有しないようにしている」とおっしゃる方もおられます。

そうなのです。産まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいません。赤ちゃんに何らかのタイミングでむし歯菌が移ることから、むし歯への道の第一歩は始まってしまいます。

でも、実際忙しく働くお母さんにはなかなか難しいですよね。目を離した隙に赤ちゃんはママのスプーンをなめたり、兄弟で飲み物を共有しあったり・・・

また、むし歯菌を棲みつきやすくする要因であるお子さんのお砂糖摂取に関してはいかがでしょうか。よく電車のなかで、お母さんが1歳か2歳くらいの子に飴やグミをあげたり、オレンジジュースなどの砂糖の入ったジュースを与えている姿を見かけます。今にも泣きだしそうな子が、それらによっておとなしくなるのであれば、お母さんとしては頼りたくなりますよね。

聞いていて頭では分かっていても、なかなか実践となると難しくなりますね。今の時代やライフスタイルにあった、より生活に即した実践可能なものでなければ、できないと思いますし、それを継続させることができません。最終的なゴールは習慣化して、意識しなくてもそれを行うところまでもっていきたいものです。

 

ベストな状態が難しければ、せめてベターな状態で。具体的には、感染そのものが完全に止められないのであれば、お子さんにうつる前にお母さんのお口の中にいるむし歯菌を、感染してもお口の中に住みにくい菌に変えてしまおう、という発想です。

また続きのお話は次回以降にしていきます。

 

菌の性質はもちろん、菌の数自体を減らすことも非常に重要です。妊娠初期や妊娠後期はお薬はもちろん、歯科治療自体が難しくなってくるので、4~7か月の妊娠中期に歯科治療を終わらせましょう。とはいえ、レントゲンや薬の制約もありますので、妊娠を考えている時点で歯科医院にて治療を終わらせ、妊娠が解かったあとはメンテナインスに通いましょう。妊娠期はつわりがあったり、生活が不規則になったり、食の好みの変化、さらにはホルモンバランスの変化により、ただでさえ歯肉炎とよばれる歯茎の炎症を起こしやすいので、ご自身の管理だけでは難しいところがあります。歯科医院にてより丁寧で専門的なクリーニングを受けましょう。妊娠期にお母さんが歯周病であると、早産のリスクも高まるといわれています。お子さんのためにも、歯周病治療はしっかりと終わらせておきたいものですね。

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話しいただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)
電話でのお問い合わせ
診療時間
10:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30

※受付時間は終了の30分前

このページの先頭に戻る