ドクターブログ|いちき歯科|南森町駅・大阪天満宮駅すぐの歯医者

診療時間:10時〜13時/14時〜18時半(土曜は18度まで)休診日:日・祝

南森町駅・大阪天満宮駅からすぐ

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)

キービジュアル

歯ぎしりについて

2015年08月17日

こんにちは、藤林です!

 

今回は子供の歯ぎしりについてお話したいと思います。

 

~原因~

子供の成長過程によって、歯ぎしりをする原因は変わってきます!

 

①赤ちゃんの場合→安定して噛むことができる位置を探しているといわれています。

②五歳~小学生の場合→はえかわりで噛み合わせが悪くなるため、歯ぎしりで噛み合わせのバランスを調整しているといわれています。また、顎や筋肉の発育を促す効果もあるそうです。

 

その他…ストレスによるもの。子供がストレス?と思われるかもしれませんが、環境の変化など心理的なストレスを解消するために歯ぎしりを起こす場合もある。

 

~治療~

乳歯の頃の歯ぎしりは心配はほとんどありません。

顎が成長するために、歯がある程度すり減る必要性があり、生理現象です。歯ぎしりによって歯並びに影響することはほとんどありません。

ただし長期に及ぶ場合や、永久歯がはえそろっても続いている場合は、歯がすり減ってしまったり、歯や顎を痛める可能性がありますので、治療が必要となります。

 

1、ストレスを出来る限り取り除く

2、出来るだけリラックスした状態で眠りにつけるよう環境を整える

3、規則正しい生活を心がける(特に夜更かし等)

4、それでもおさまらない場合は歯や顎を保護する意味で、夜寝るときにマウスピースを装着する

 

fujibayashi_dr.png

親知らずが腫れた時(智歯周囲炎)に家でできる対応

2015年08月10日

院長の市来です。親知らずが腫れて歯茎が痛くなったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。親知らずの周りが腫れることを智歯周囲炎と言います。 急に親知らずが腫れてしまうと困りますよね。忙しくて歯医者にすぐに行けない時などもあります。今回は親知らずが腫れた時に家でできる対応策とその後の治療についてお伝えします。

智歯とは親知らずのことです。智歯周囲炎は親知らずの周りが腫れて、痛みや膿が出ます。親知らずは正常に生えないで横や斜めをむいたり、歯茎が被っていたりしていることは多くあります。また、一番奥に生えているので磨きにくいです。そのため親知らずの周りには細菌が残りやすく、智歯周囲炎になり安いのです。

智歯周囲炎が繰り返されると、手前の歯との間の骨が溶けたり、細菌が顎の中に入り込んで入院するような炎症を引き起こすことがあります。このため多くの場合は原因の親知らずを抜歯することが多いです。

智歯周囲炎は腫れや痛みが出ても、多くの場合は1週間ぐらい経つと症状が落ち着いてきます。しかし、また疲れや寝不足で体の抵抗力(免疫力)が下がったり清掃不足で細菌が増えてくると症状が繰り返されます。腫れが強い場合には口が開かなくなることもあります。これは親知らずの周りの腫れがひどくなり炎症が拡がって、口を開けるための筋肉まで腫れが広がり、口が開かなくなるのです。

智歯周囲炎になるとたまに膿や血、プラークなどが入り混じった口臭が強くなります。炎症が起こっている周りには細菌と闘 うために多くの血液が集まってきます。血液の中の白血球が細菌と戦い、その死骸が膿です。そこから出る膿などが原因で口臭が出る場合があります。

親知らずが腫れたときに家でできる対策

  1. 清潔に保つ

     親知らずが腫れるのは細菌が原因ですので、細菌を減らすことで晴れが早く治ります。親知らずの部分は腫れていると触れると痛むので歯ブラシしにくいかもしれませんが、他の部分に着いている細菌をとって口の中の細菌量を減らすことは大事です。また歯ブラシ後にうがい薬で消毒することも効果がありますのでお試し下さい

  2. 体の抵抗力を上げる

     いつもと細菌の量は変わらないのに腫れてくるのは体の抵抗力(免疫力)が弱っているからです。睡眠不足や疲労がたまっていると細菌を押さえ込む力が弱まり、炎症が慢性状態から急性化して症状を現してきます。そのため、睡眠や体の疲労をとり免疫力の回復に努めなければなりません

  3. 市販の痛み止めを飲む

 智歯周囲炎で痛みが強く出てきた場合は市販の痛み止めを飲んで下さい。ロキソニンSは歯医者で出される痛み止めとほぼ同 じ成分です。ロキソニンには炎症を抑える効果がありますので、すぐに歯医者に行けない場合は市販の痛み止めで対応してください。

    4. 冷やす

 大きく腫れてしまった場合は頬から氷や冷えピタで冷やすと腫れや痛みが軽減します。特に腫れが強い場合には効果的です。

     5. 栄養を補給する

 智歯周囲炎になると腫れや痛みのせいで食べにくくなったり、食欲がなくなったりします。体力が低下すると回復が遅くなるのでウイダー inゼリーなどの食べやすい高カロリーゼリーで栄養を補給してください。

ichiki_dr.png

海外歯科ボランティアの道

2015年08月5日

こんにちは。歯科医師の丸野です。先日、香月武先生の「海外歯科ボランティアの道 Medical Humanitarian Activities」を拝見させていただきました。香月先生は佐賀医科大学の名誉教授で、1993年のベトナムでの唇裂、口蓋裂の手術を歯切りに世界各地でボランティアで主に手術、講演活動をされています。

 口唇裂、口蓋裂は生まれつき唇が裂けていたり、上顎が割れていたりする病気です。手術をしなければ食事や言葉を発するのに障害が生じます。NPO法人「日本口唇口蓋裂協会」(名古屋市)の要請を受け、全国各地の医師らとともにベトナム、モンゴル、チュニジア、フィリピンなど7か国を訪れ、無償で手術などを行っておられます。

  発展途上国支援で肌で感じられたことは、現地の貧しさだそうです。当時は手術中に停電することもあり、その際は懐中電灯を頼りに手術をされていたそうです。日本での医療がいかに恵まれているか改めて考えさせられます。また、支援(国際ロータリークラブ)の重要性についても述べられていました。

 こういった海外での活動に向く人材として、医療に十二分に能力のある者、さらに粗食に耐えられる、何でも食べられる、胃腸が丈夫であることが挙げられます。さらに現地では仕事をする環境、一緒に働く人々も日常と異なり、精神的に追い込まれます。そのため精神的に安定し、協調性に富む、という条件を兼ね揃える必要があるそうです。

 私も将来、なんらかの形で国際的に社会貢献活動をすることを目指しておりますので、香月先生から大きな刺激を受けました。

 

maruno_dr.png

 

キシリトール

2015年07月28日

みなさま、こんにちは。

歯科医師の新井です。

 

今回はキシリトールの虫歯予防効果についてお話しします。

キシリトールは砂糖と同じくらい甘いのに、砂糖とは全く違う働きをします。

砂糖は、お口の中で虫歯菌により発酵分解されて、酸を作り出す栄養分となります。

その酸によって、歯がとかされ虫歯が出来てします。

しかしキシリトールは虫歯菌によって、発酵されず、酸がつくられません。

なので、虫歯が出来ないわけです。

しかも、虫歯菌がキシリトールを取り込むことで、虫歯菌のエネルギーが弱まってしまい、

さらに長期間キシリトールを取り続けることで、悪玉の虫歯菌より善玉の虫歯菌の数が増えることで、

歯垢がサラサラになり歯磨きで汚れを落としやすくします。

 

また、キシリトール入りのガムや飴により、唾液の分泌量が多くなり、

唾液中のカルシウムが、歯のエナメル質に戻って歯を強くしてくれます。

 

みなさんもキシリトールを食べる習慣をつけてみてはいかかでしょうか。

 


arai_dr.png

初めてインプラントする方へ

2015年07月21日

院長の市来です。

インプラント治療に興味があるけれどどんな治療をするのかわからないので一歩踏み出せない方がいらっしゃるのではないでしょうか。インプラントとは失ってしまった歯の機能を取り戻すための治療です。歯を失ってしまうと食べることだけではなく、他の大事なことにも影響を与えます。勇気を出してインプラント治療に踏み出すことによって、一度しかない人生をあきらめたりすることなく、有意義に楽しむことができるようになることが目標です。それだけインプラントは人生に影響を与える大きな可能性があります。今回はインプラント治療によって回復できる多くのことをお伝えします

 

Aインプラント治療によって得られるメリット

失ったものを取り戻す

 大きな虫歯や歯周病、破折等で歯を失ってしまうとその代わりになるものをそこに作らなければならない。大きくはブリッジや入れ歯かインプラントの選択肢がある。それぞれメリットデメリットがあるが、インプラントは大きなメリットを持った治療法です

 

煩わしさから解放してくれる

 入れ歯を入れていらっしゃる方はおわかりかもしれませんが、入れ歯を口に入れているとやはり違和感があります。また、安定せず動くことにより歯ぐきに傷を作ってしまい、痛みを生じることもあります。ブリッジの場合もほとんどの場合は違和感がありませんが、歯がない部分の隙間に食べかすがつまり、違和感が出る場合があります。

大切なものを守る

 インプラントを入れずに放置していると歯のない隙間に対して隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせの反対の歯が延びてきたりして歯並びや噛み合わせが崩れてしまいます。そこにインプラントによって歯を作ることによって歯並びを守ります。

 また、ブリッジのように隣の歯を削ることはないので隣の歯を守ることができますし、支えの本数が増えることにより、残っている歯への負担を軽減して守ることができます。

B.インプラントによって取り戻せるもの

 噛める喜びを取り戻す

 入れ歯は痛みがなくいい状態でも噛む力は歯がある状態の20~30%まで落ちてしまいます。これでは以前のように何でも噛めるというわけにはいきません。お肉やせんべいなどの硬いものでも気兼ねなく食べられることはとても幸せなことです。インプラントを入れることで人生の中で最も楽しいことの一つである食事をもう一度よみがえらせることができます。

 顔の張りを取り戻す

 噛めないことによって顔の周りの筋肉が痩せてしまい、張りがなくなりしわが増えることにより老け顔になってしまいます。また、左右どちらかに噛めない場所があると顎が歪んでしまい顔にも影響を与えます。インプラント治療をすることによって噛む機能を回復することはもちろんですが、筋肉が回復し、張りが出て以前の顔を取り戻すことができます

 味が良くわかる

 入れ歯は柔らかい歯ぐきで支えるため大きく作らなければなりません。大きな入れ歯だと舌の動きが悪くなるために食べ物を味わいにくくなります。また入れ歯とこすれることにより味覚を感じる部分が短くなり感覚が鈍ります。インプラント治療をすることで歯と同じ位置に人工の歯が入いるので、舌が自由に動きおいしく感じることができます。

笑顔がよみがえる

 入れ歯は自分で取り外しするためにお口の中に固定することができません。そのため話していたり、咳をしたりした瞬間に取れてしまうこともあります。また針金が見えて見た目が悪いこともあり、自信を持って口を開けることができなくなります。インプラント治療をすることによってお口の中にしっかり固定でき、見た目も天然の歯と同じように作ることができるので、歌ったりも話したり、大きく口を開けて笑うこともできます。

ichiki_dr.png

★子供を歯医者に連れてこられるご家族の方にお願い★

2015年07月13日

こんにちは、藤林です!

 

歯医者さんに対してあまりいいイメージをもたれない方が多いとは思います。ですが子供の頃から、ましてや初めての歯医者さんで悪いイメージがついてしまうと、大人までそのイメージをひきずってしまいます。むし歯の予防に来るというイメージをお持ち頂けると、クリーニングですみますし、むし歯ができてしまっても早期発見・早期治療ができます。

私自身も個々の子供さんの成長にあわせて練習をしていったり、なるべく歯医者さんにいいイメージをもってもらうように心がけますが、来院される際にスムーズにいくよう、ご家族の方が気をつけていただきたいいくつかの事柄があります。

 

★~来院前~★

・歯医者さんにネガティブなイメージをつけないでください。「悪い子にしてると歯医者さんに連れてくよ」「歯を抜いてもらうよ」など。ご家族が歯医者さんにいかれた際の「痛かった」「つからった」など。

・なるべく嘘はつかないでください。治療する日なのに、「見るだけだから」など。「むし歯菌をやっつけてもらおう」「きれいにしてもらおう」と伝えましょう。

 

★~来院されるとき~★

・機嫌のいい時間に来院し、昼寝の時間は避ける。

 

★~治療が終わったら~★

・他のご家族にも今日歯医者さんできたことを伝えて、家に帰っても褒めてあげると自信がつきます。

・次に治療の予定があるときは、「明日歯医者に行くよ」と言うよりも、カレンダーに書き込むなどして、心の準備をさせてあげる。

 

fujibayashi_dr.png

海外での歯科治療について

2015年07月6日

こんにちは。歯科医師の丸野です。

今回は海外での歯科治療、特に根管治療について、日本の治療と比較して説明させていただきます。

 不思議なことに、日本では海外と比較して根管治療についての一般的な理解が進んでおらず、この治療に対する評価が極端に低いのが現状です。日本の歯科医師に可能な保険の治療費では、材料代や機材代すらカバーできず、保険制度の中で治療をする一般の歯科保険医にとっては困難の治療になってしまっています。

 まず欧米ではもちろんのこと、近隣のアジア諸国でも根管治療の特殊性が認められ、それに見合う評価の治

療費が設定されているのに対し、我が国での治療は使用器具、材料代を差し引くと赤字になるという状況にあるそうです。つまり、より良い治療を目指して丁寧に時間をかければかけるほど歯科医師は辛い状況に置かれるというのが実情です。

 

 

 例えば大臼歯の抜髄処置では、フィリピンでは約6万円、マレーシアでは約5万円、アメリカでは約14万円にも上るそうです。フィリピンでは日本の物価の約3分の1ですので、日本の物価に換算すると約18万円の評価を受けていることになります。

 

 健康保険という日本独自の制度により、もちろん多大なる恩恵はあるものの、それに伴うシステムエラーが歯科医師のスキルアップや最新器材の導入を阻んではならないと考えます。患者さんのニーズに対してより高いレベルでこたえるため、そして日本の歯科医療の総合的なレベルアップのために、抜本的な制度の見直しが必要ではないかと思います。

 

maruno_dr.png

 

 

酸蝕症について

2015年06月30日

酸蝕症とは、酸によって歯が溶かされてしまうものです。

酸蝕症によって溶かされた歯のことを、酸蝕歯と言います。

 

虫歯も細菌の出す酸によって歯が溶かされる病気ですが、こちらは原因が「酸」というよりも「細菌」なので、酸蝕症とは区別されています。

 

 

酸蝕症(酸蝕歯)の原因

 

・過食嘔吐や無理なダイエットなどによる、習慣的な胃酸の逆流。

 

 

・酸性食品の摂取。

 黒酢、レモン・オレンジなど柑橘系の果物、ドレッシング、赤ワインなど。

 上記のような食品を常に摂取する機会のある人は、酸蝕症のリスクが高くなります。

 

・職業的原因

 酸使用現場で働いている人、水泳選手(塩素が原因)など。

 

・歯軋り・過度のブラッシングなど

 直接の原因ではありませんが、酸蝕症を進行させる要因となることがあります。

 

 

他にも酸蝕症(酸蝕歯)の原因はいろいろと考えられますが、いずれにしてもいきなり酸蝕症(酸蝕歯)になるわけではなく、日常的に歯が酸に晒され、それが再石灰化のスピードを上回った場合に少しずつ歯が溶かされ、酸蝕症(酸蝕歯)が発生します。

 

 

酸蝕症(酸蝕歯)の治療法・予防法

 

酸蝕症(酸蝕歯)の治療法・予防法としては、嘔吐をよくする人は嘔吐を控える、酸性食品を過度に摂取している人は少し摂取を控えるなど、まずは原因となっている酸を無くす、または減らすことができないかどうかを考えます。

 

また、虫歯の予防法に準じて、食事時間の工夫やフッ素の利用なども有効です。

 

酸蝕歯に対しては通常の虫歯治療と同様に詰め物やクラウン(被せ物)をすることも可能ですが、やはりまずは酸蝕症(酸蝕歯の原因を究明し、原因に対する対策を講じることが最重要です。

 

 

arai_dr.png

 

 

姿勢と歯★

2015年06月22日

こんにちは、藤林です!

姿勢も歯に関わってくるのをご存知ですか?

悪姿勢の代表例、猫背です。

 

猫背は見た目が悪いだけでなく、身体に様々な害を引きおこします。まさに百害あって一利なしです。

 

猫背の方は背中が丸まって身体が後ろに引けるような状態になり、その結果としてバランスをとるため、前傾姿勢になります。

 

頭の重さは約5㎏もあります。頭が前にでた状態だと下の顎が引っ張られ、口がぽかんと開きやすい傾向になります。

 

口がぽかんと空いている時間が長ければ長いほど出っ歯傾向になるため、猫背の方ほど歯並びが悪くなります。

 

猫背だから必ずしも出っ歯になるわけではありませんが、歯並びが悪く出っ歯の方の中には、猫背の方が非常に多いです。

fujibayashi_dr.png

歯ぎしりを起こす原因とその対処法(症状と対処法について)

2015年06月16日

歯ぎしりで歯がすり減って、歯やあごに痛みがあったり、知覚過敏がなかなか治らなかったりして悩んでいる方もいるのではないでしょうか。歯ぎしりは歯を失う原因になることもあり、口の中に大きなダメージを残してしまいます。歯ぎしりの主な原因はストレスと言われています。ストレスは無意識に歯ぎしりとして現れることがあるのです。今回は歯ぎしりが起こる原因とその対処法、歯ぎしりが引き起こす症状についてお伝えします。

1.歯ぎしりを引き起こす4つの原因と対処法

  1. 環境の変化や精神的ストレスが原因
    歯ぎしりの原因で最も有力なのがストレスです。仕事や学校での人間関係・結果によるものや転勤、転職、入学などの環境の変化で歯ぎしりが強くなることがあります。また、家族が入院したり、亡くなったりするとストレスはかなり強くなります。その結果、歯が欠けたり、詰め物が取れたり歯に痛みが出たりと症状が出ることがあります。
    対処法

    現代社会でストレスを無くすことは極めて難しいです。ストレスとうまく付き合っていくしかありません。自分の時間を持ったり、趣味の時間を楽しんだり、家族や友人と楽しく過ごすなどストレスをうまくコントロールすることで歯ぎしりも軽減していきます。また、自分でコントロールしづらい場合には、マウスピースを使って歯を守ります。

  2. 歯並びが悪いことによる影響
    歯並びが良い人でも歯ぎしりをしますので、歯並びだけが原因ではありませんが、歯並びが悪いことで噛み合わせに影響が出て、歯ぎしりもしやすくなります。また、歯並びが悪い人が歯ぎしりをすると、噛み合っている歯が少ないので、噛んでいる歯に過度の負担がかかって大きなダメージになります。

対処法

歯列矯正や部分矯正をして一部分だけに噛む力が集中しないようにしておく方が理
想的です。最近は大人の方で矯正治療をされる方が増えていますので、年齢で矯正治療をあきらめないで下さい。

  1. 噛み合わせの変化の影響
    噛み合わせは常に変化しています。成長や老化、歯科治療、歯周病、歯の喪失、歯の破折などの変化に対応するために歯ぎしりによって噛み合わせを自己調整しています。普通の自然な変化は体にとって必要なことです。20代の時と70、80代の時では顎や歯の形も変わってきます。しかし、虫歯の放置や歯周病など短期間で噛み合わせに変化があると歯ぎしりが強くなります。
    対処法
    虫歯や歯周病によって歯ぎしりが引き起こされることもあり、逆に歯ぎしりによって虫歯や歯周病が悪化していきます。病気にならないように予防すること、手遅れにならないように治療をして、歯ぎしりを引き起こさない噛み合わせを維持することが大切です。

  2. くいしばり癖は早めに直しておく
    無意識に行っている癖が夜寝ている時に出てしまうこともあります。日中に食いしばる人は筋肉が記憶していて癖になっていますので、寝ている間も行なってしまうのです。
    対処法
    日中、意識があるときに歯と歯を噛み合わせないようにすることです。人は安静にしているとき、常に歯と歯の間に約1mmの隙間があり、普段は接触していないのです。正常な場合、1日の中で接触するのは食事の際の15分〜20分程度です。日中、歯と歯を接触させないように意識することによって、寝ているときの歯ぎしりを予防することができます。

2.歯ぎしりによって引き起こされる症状

 A. 噛むと痛む
歯ぎしりによって歯の根の周りにある歯根膜という組織が炎症を起こし、噛むと痛みを出します。歯ぎしりは長時間続くと、歯や歯の周りの組織にダメージを与えていきます。特に奥歯が噛んで痛いときで上も下も左も右も痛いなどの場所が複数におよぶ場合は、虫歯ではなく歯ぎしりによって痛みが出ている可能性があります。

 B. 歯がしみる

   歯ぎしりによって歯が揺さぶられて歯が揺れてきたり、歯の根元や噛む面が削れて歯の内部の象牙質という部分が露出したり、歯に亀裂が入ると歯がしみて来る場合があります。

 C. 何もしていなくても歯が痛い

   歯ぎしりによって歯に亀裂が入いると、神経が死んでしまうことがあります。亀裂から細菌が神経に感染し、死んでしまうのです。初期の頃はしみたり、噛んで多少痛い程度でも、その後強い痛みが出ることがあります。歯医者のレントゲンでは小さな亀裂を確認できないため、急に痛みとして出ることがあります。

  1. 修復物が壊れたりはずれる
    歯ぎしりによって歯に強い力がかかるとセラミックの詰め物やかぶせものが割れることがあります。また、割れない金属などでははずれてきたりします。歯ぎしりする方はこれを何度も繰り返す傾向があります。

  2. 顎が痛い
    歯ぎしりによって顎関節症が引き起こされ、顎が痛くなることがあります。顎は左右の関節の部分だけで頭蓋骨とつながっています。歯ぎしりによって顎の関節に過度の力が加わると顎の関節にある軟骨がずれたり、穴が空いたり、変形したり、関節の周り炎症が起こってり、顎を動かす筋肉に問題が起こって顎が痛くなります。

  3. 歯が割れる
    歯ぎしりによって歯に過大な力がかかると、歯が割れてしまうことがあります。特に神経のない歯は自分の歯の部分が少なくなっているので割れやすくなっています。亀裂から細菌が入いると、歯茎が腫れたり、膿が出て口臭が出てきます。大きく割れてしまった場合は歯を抜くしかありません。神経が残っている場合も割れることがあり、この時は強い痛みが出ることが多いです。

3.歯ぎしりの治療

A. マウスピース療法

   歯ぎしりは原因が混合しておこるため、治療を行なっても確実に止めることは難し
いです。しかし、そのままでは歯や顎に悪い影響を及ぼすためマウスピースによって歯を守る必要があります。マウスピースは人工のものなので削れても壊れても作り直すことができますが、歯や神経を失ってしまうと元に戻すことはできないのです。歯より柔らかいものを間に挟むことにより歯自体への影響を軽減しています。

 B. 矯正治療

   歯並びが綺麗な方でも歯ぎしりをする方もいるので、矯正治療をしたからといって歯ぎしりが止まる訳ではありません。しかし、噛んでいるところが少ない方で特に下あごの前歯が噛んでいない方は矯正治療後歯ぎしりや顎の痛みが軽減する場合は多く、矯正治療も有効な手段の一つです。

 C. 噛み合わせ治療

   歯の治療途中や歯が喪失した後放置している場合、噛み合わせが不安定になりやすいので、確実に治療してあご全体で噛めるようにする必要があります。

 D. ボトックス治療
ボツリヌス菌の成分を抽出した薬剤を使用して顎の筋肉の過度の力を抑制します。効果は最長半年ぐらい続来ますが、その跡は効果が消えて元通りになります。普段何か特別にすることなく、違和感も特にないので、マウスピースが苦手な方にはお勧めです

 E. 自己暗示療法

   日中かみしめないように意識し、寝る前にも歯と歯を当てないように自己暗示をかけて寝ます。確実に行うと効果が出てきます

ichiki_dr.png

...9101112...

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話しいただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)
電話でのお問い合わせ
診療時間
10:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30

※受付時間は終了の30分前

このページの先頭に戻る