診療内容

トップページ > 診療内容 > 入れ歯

入れ歯

歯を抜けたままにしておくと、どうなるのか?

健康な歯ならびでは、隣り合う歯どうしが支え合うように接して萌えています。そのため噛んだ時の力は隣の歯にも分散され過度な負担を防いでいます。しかし、歯を一部でも失ってしまうと、隣の歯が傾いたり、噛み合っていた歯が飛び出しくるので、本来の機能を発揮できなくなります。その結果、一部でしか噛めなかったり、残っている歯の負担が大きくなったり、歯ぐきに歯が接触して痛んだり、歯ぐきがやせたりしていきます。

また、歯を失うことで噛み合わせが大きく変わった時には、顎関節症になり顎の動が悪くなることもあります。ですから、歯を失えばできるだけ早く治されることをお勧めします。

治療として最もよく使われているのは、入れ歯です。

入れ歯とは、歯や歯ぐきの失った部位を補う人口の装置のことで、樹脂でできた歯と歯ぐき、入れ歯を支えるための留め金で作られています。入れ歯には、保険が使えるものと自費治療のものがあり、失った歯の数や部位や歯ぐきの状況によってさまざまな形、材質があります。

歯ぐきだけで支える総入れ歯(図1)や、残っている歯に留め金を引っかけて支える部分入れ歯(図2)や、インプラント(人口歯根)とご自身の歯ぐきで支えるインプラント入れ歯(図3)があります。

インプラント入れ歯を除き、入れ歯は治療費や時間がかからず、取り外しができるため、特に介護の必要なかたや高齢者のかたでは、負担が少なく手入れがしやすいという利点があります。また、ブリッジ(固定式)のように歯をたくさん削る必要がないことももう一つの利点です。

構造的には外れやすく慣れるまで違和感があり、噛む力はブリッジやインプラントと比べると少し弱くなります。しかし、設計や材質を変えることで、「外れやすい」、「歯茎に食い込んで痛い」「留め金が目立つ」ということは少なくなり、かなりきっちりと合う入れ歯が作れます。

保険の入れ歯の作成より時間や手間をかけ、精度や快適度を求め、
すりへりにくく、変色しにくい歯を使用します。

金属床 1床:420,000円

レジン床 1床:315,000円

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ