しっかり噛める「超精密入れ歯(義歯)」/ノンクラスプ・マグネットデンチャー|いちき歯科|南森町駅・大阪天満宮駅すぐの歯医者

診療時間:10時〜13時/14時〜18時半(土曜は18度まで)休診日:日・祝

南森町駅・大阪天満宮駅からすぐ

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)

メイン画像

非常に当たり前のことですが、
入れ歯に関する悩みは、
「入れ歯が合っていない
ことで起きます。
つまり、「あなたに合った入れ歯」を
製作することで悩みの多くが
解消されます。

どのようにして
「あなたに合った入れ歯」
製作しているのか。
それをこれから
ご紹介します。

入れ歯の悩み、私達に解決させてください!

院長写真

「ガタガタして安定しない、噛むたびに浮き上がったり、外れたりします
「入れ歯が当たって、痛くて噛めない
「食べたものが入れ歯の中に入ってしまう
「何回調整しても入れ歯が合わない

このような悩みを抱えて来院する患者さんが多くいらっしゃいます。皆様、相当悩んでいることがこちらにも痛いほど伝わってきます。

冒頭でもお伝えしましたが、このような入れ歯の不都合は「入れ歯が合っていない」ことから生じます。つまり、「合う入れ歯」を製作することで入れ歯の問題の多くは解消します。

それではどのように入れ歯を製作することで「あなたに合った入れ歯」が製作できるかをご紹介します。

Point 1「多くの症例」に裏付けられた知識と経験

「多くの症例」に裏付けられた知識と経験

入れ歯には製作するための様々な「理論」があります。その理論に基づき入れ歯を製作することで「一時的な」クオリティは担保できます。

しかし、お口の状態は年齢と共に、もしくは噛み合わせ、歯並び、舌・頬の筋肉の状態により、刻一刻と変化しています。つまり、理論だけでは解決できないことも多く、知識・経験に基づく柔軟な判断が非常に大切になります。
このことを術者側が強く認識していなければなりません。

合わない入れ歯が出来上がってしまうのには、まず術者側のこの部分の認識の違いがあります。理論も大切ですが、「人のお口の状態は変化する」。これを基本とし、事前に変化を予想した上で入れ歯の設計等を考えること。これがプロとしての最低限の姿勢だと私は考えます。

柔軟な判断はこれまで蓄積された「経験」からしか生み出されません。
基本と応用、そして各種理論をしっかり把握した上で、初めて、患者さんの状態に応じた適切な判断・行動が可能になります。

Point 2診断用義歯を利用し、「理想の形態」を探る工程

良い入れ歯の条件には様々ありますが、「しっかり噛めて」「長持ちすること」が基本になります。

これを達成させるためには、様々な精度の高い工程を踏む必要があります。
その中でも大切な工程は「噛み合わせの調整」です。

一般的な入れ歯製作では、上下の歯型をとって入れ歯を作製しますがそれでは十分ではありません。なぜなら、その状態で作られた入れ歯は、「何もしていない状態」に合わせた入れ歯のためです。もっと言ってしまうと「お話をしている状態」「食事をしている状態」の顎の動き・筋肉の動きを反映させていない入れ歯ですので、どうしても問題が生じます。

これがしっかり調整されていないと、どんなに高価な金属を使った入れ歯であっても「痛い・噛めない・外れる」入れ歯が出来上がってしまいます。

院長写真

この事実は、入れ歯を作っている歯科医師でも理解していない方がいらっしゃいます。専門家である歯科医師も理解していないのであれば、入れ歯の専門家ではない患者さんも当然知る由もありません。

当院では、この普段の生活で生じるお口の様々な動きを「診断用義歯」というものを利用し情報を収集していきます。

相談

ここまでご説明すると、「どのようにして普段の生活のお口の動きを、入れ歯に再現するの?」と疑問に思われると思います。

従来法の入れ歯では、すぐに型をとって入れ歯を作製しますが、当院では、まずは本番用の入れ歯を作製する前に「診断用義歯(リハビリテーション用の義歯)」を作製し、それを普段の生活で装着していただくことで、「会話している状態のお口の動き」や「食事中のお口の動き」をその入れ歯に記録していきます。その情報を元に、問題箇所を随時改善していきます。

「入れ歯を装着するだけでそのような記録を採れるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、この入れ歯は特殊な構造をしており、お口の様々な動きを記録することができるのです。

この改善を複数回行うことで、お口にあった入れ歯の構造が判明します。
その構造を本番用の入れ歯に反映させることであなたに合った入れ歯が完成します。

つまり、診断用義歯(リハビリテーション用の入れ歯)で本来あるべきお口の状態に改善した後に初めて本番用の入れ歯を作製していきますので、当然、非常に安定した入れ歯が出来上がるのです。もちろん入れ歯をセットした後の微調整も大切になります。

具体的に治療工程をお話します。

下記の画像はリハビリテーション用の入れ歯です。

リハビリテーション用の入れ歯

これをまずは作製し、お口に一定期間装着し日々の生活を送っていただきます。
このリハビリ用義歯には特殊な加工がされています。

下記の赤枠部分です。

リハビリテーション用の入れ歯

食事などにより「噛む」動作をすると、この特殊加工部分がどんどん削られていき、その時点での噛み合わせ位置が判明します。その時点での噛み合わせが判明すると、その噛み合わせに合わせるように入れ歯自体に調整を入れていきます。これを何度か繰り返すことで、最終的にはその方にあった噛み合わせ位置が判明し、そして、その噛み合わせに合った入れ歯はどのような形態なのかも同時に判明します。

義歯

この段階で全ての情報は治療用義歯に反映されていますので、患者さんの中には「この治療用義歯で十分です」とおっしゃってくれる方もいます(笑)。

後は、この治療用義歯と寸分たがわぬ本番用の入れ歯を作製し完成となります。

Point 3難しい症例においては、入れ歯セット後の「精密な調整」

入れ歯が完成して治療終了となるのが理想ですよね。
しかし、特に難症例の場合は時間をかけてしっかりと調整が必要となります。

調整は主に「噛み合わせ」「見た目の美しさ」の2つを行っていきます。

難症例ほど、しっくりくるまで
慎重な「噛み合わせ調整」が必要

お口の中に入れ歯を入れると、物をぐっと噛んだ時、歯は20μ(1000分の20mm)ほど沈みます。普通の歯茎では200μ(1000分の200mm)、柔らかい歯茎では2mmも沈みます。

院長写真

専門的な話をしてしまいましたが、ここお伝えしたいことは、物を噛んだ時、歯と歯茎にかかる力はお口全体に一様な力がかかるわけではないということです。

力がどこか一部に集中してしまうと、痛い、外れるという症状や、一部の歯に力がかかりすぎることで、その歯が噛むために揺さぶられ、グラグラしてきてしまうということが起きます。

この調整が完了することで、左右全体が均等に噛めるようになり、顎の動き、運動もスムーズにできるようになります。ここまで来て、初めて入れ歯の本来の機能を発揮できるようになります。

口元の美しさも調整し、
「あなたらしい美しさ」を表現します

相談

歯は皆様が思われているよりも「個性」があり、その方にあった「形態・色」が存在します。そして、その個性を最大限表現することで、あなたの理想の口元に可能な限り近づけることができます。

分かりやすい例として「歯の形態」の違いよる印象の変化をご紹介します。

ナチュラル型
ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型
ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型
クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型
スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。 世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

このように「歯の形態」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。

当院では、患者さん一人ひとりに話を聞きながら、その方の希望、そして個性をしっかりと把握し、入れ歯を作製しています。

あなたのお悩みを少しでも
改善させる入れ歯のご紹介

一般的な金属を利用した「金属床」の他、当院では患者さんのニーズに合わせた多種類の入れ歯を取り扱っています。いくつかの入れ歯をご紹介します。
どの入れ歯も「金属のバネ」を利用しないため、目立つことはありません

金属の「バネがない」審美入れ歯
若い世代にも人気です!

金属のバネが見えるのが嫌な方にお勧めしているのが金属のバネを利用せずに入れ歯を安定させるノンクラスプデンチャーです。金属バネ部分を、歯茎に近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

ノンクラスプデンチャー使用前 ノンクラスプデンチャー使用

外れにくい、壊れにくい入れ歯

また、一般的に「金属」を利用せずにこのノンクラスプデンチャーを製作することが多いのですが、外れやすい・壊れやすいという欠点がありました。そのため、当院では耐久性を高めるため「金属」を補強として見えない部分に取り付けます。これにより外れにくい、壊れにくい入れ歯が出来上がります。

自分の歯のように「しっかり噛める」
入れ歯/高い安定性

当院では、「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯、「磁石+インプラント+入れ歯」のインプラントマグネットデンチャー、茶筒の原理を利用したコーヌスクローネ義歯をご用意しております。こちらも金属のバネを利用しませんので目立ちません。その他、しっかり入れ歯を安定させる仕組みがありますので、物をしっかりと噛め、外れにくく非常に安定した入れ歯になります。それぞれご紹介します。

「磁石+入れ歯」の
磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

お口に残っている歯根に金属を装着し、入れ歯に設置した磁石と吸着させ、入れ歯が外れないようにするのが磁性アタッチメント義歯になります。金属のバネが構造上必要ないため目立ちませんし、異物感もほとんどなくなります。

「磁石+インプラント+入れ歯」の
インプラントマグネットデンチャー

インプラントマグネットデンチャー

インプラントを使った磁石の入れ歯(インプラント・マグネットデンチャー)とは、磁石を組み込んだ入れ歯とインプラントを組み合わせた入れ歯です。歯がない部分にインプラントを埋め込み、磁石を組み込んだ入れ歯で固定します。しっかり噛めるだけでなく、顎が痩せていくのを防止したり、噛み合わせの改善など様々な利点があります。また、骨が少なく通常のインプラントが困難な場合にも適しています。部分入れ歯でも総入れ歯でもどちらでも対応可能です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話しいただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

web予約(初めての方) web予約(2回目以降の方)
電話でのお問い合わせ
診療時間
10:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30

※受付時間は終了の30分前

このページの先頭に戻る