診療内容

トップページ > 診療内容 > 小児歯科

小児歯科

子供の治療をしていく上で気をつけていることは無理やりせずに子供としっかりコミュニケーションをとってやることです。

お子様を連れて来院される、お母さん、お父さん方へ

小児歯科における当院での治療方針を説明させていただきます。

今現在大人の方で進んで歯科医院に来られる方は少ないのが現状です。なぜなのでしょうか?

多くの場合は子どもの時の歯科医院に対するトラウマが影響しているのではないでしょうか?

イヤなものを無理矢理押さえつけられて治療を受けたり、「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くよ」とマイナスイメージを植え付けられたり、、、

子どもたちにとって歯科医院に来るということは大変なストレスです。見ず知らずの人、変わった器具、イヤな音、口の中に物を入れられる不安。

当院では、そのような気持ちで来てくれる子どもたちを出来るだけ緊張から解き放ち、納得して治療ができるようにコミュニケーションをとり、仲良くなって信頼関係を築いていきます。そのため初診から数回実際の治療が進まないことがあります。

忙しい合間を見て連れて来られているお母さん、お父さん方にはご面倒だと思いますが、お子様が納得して治療を受ける準備ができるのを待って下さい。


そうすることで治療のために通う歯科医院から、むし歯をつくらないために通う歯科医院になるのです。

お子様は我々大人の話をよく聞いて態度をみてよく考えています。
皆様が納得しないで治療を受けるのが嫌なように、子どもたちも無理矢理されるのは嫌なのです。

それぞれのペースによってすぐに治療に移ることができる子どももいますが、なかなか泣いたり、口を開けてくれなかったり、じっとしていられなかったりするお子様もいます。
そのような場合でもちゃんと説明をしてあげると徐々にできるようになってきます。

治療するだけなら無理にすることはできるでしょう。
しかし、その後は再発という結果がついてきます。
治療した後、むし歯をもう作らないようにすることが、かかりつけ歯科医院として、親としてしてあげられる最良の結果です。

そして、それは大人になっても引き続いていきます。

むし歯ができてから歯科医院に来るのではなく、
むし歯を作らないために歯科医院に来て下さい。

そんな来院が一番嬉しく思っています。

診療内容

  • むし歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • 矯正歯科
  • 入れ歯
  • いびき治療
  • 医療費控除

ページトップへ